ジャンパー膝

骨盤から脛に向かって走行する大腿四頭筋という筋肉があります。
大腿四頭筋は筋肉の終わりで膝蓋靭帯という靭帯に変わり脛の
上部に付着します。

主な働きとしては股関節を曲げる・膝を伸ばす
膝関節の安定など
日常生活動作で無くてはならない筋肉です。

膝の曲げ伸ばしを過度に行ったり、筋肉の緊張が強い状態で
脚を酷使したりすると
膝蓋靭帯に負担がかかり炎症を起こしてしまいます。

これを膝蓋靭帯炎といい、ジャンプを頻繁に行うスポーツ
(サッカー・バスケットボール・バレーボールなど)に発生が
多いことからジャンパー膝と呼ばれています。

主な症状としては
・膝のお皿の下の痛みや違和感、腫れ
・膝の曲げ伸ばしの際の痛み

などが挙げられます。

日常生活の中で膝の曲げ伸ばしは必ず行う動作です。
痛みが悪化しないように、症状がでたら
早めの治療を行うことをお勧めします。

治療としては、大腿四頭筋の柔軟性を上げるための
体操やマッサージ。
痛みを取り除く為に電気治療を行います。

当院で行う電気治療はHV(ハイボルテージ)という
痛みを取り除くことに特化した治療器で行います。
詳しい内容は設備紹介にも記載しておりますので
そちらもご覧ください。

膝の痛みやスポーツによるケガでお悩みの際は
是非一度当院にご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約

電話:042-750-4137


※水曜日午後は特別施術(保険外治療)となり予約制です。
※土曜日の診療時間は9:00~14:00になります。