捻挫

捻挫は、若年者のみならず様々な年代の方に発生します。
急激な力が関節にかかり、その関節の動かせる範囲以上に運動が矯正されてしまい、結果関節の中で炎症が起きたり関節を固定する靭帯に損傷が起きてしまったものを捻挫と言います。

捻挫をしてすぐは、ご自分で何らかの対処をすると思いますが、基本的にはRICE(ライス)処置をお勧めいたします。
RICE処置とは、①R(Rest=安静)、②I(Icing=冷却)、③C(Compression=圧迫)、④E(Elevation=挙上)の頭文字を取ったものです。

炎症が落ち着いてくるのはひどいけがを除き2~3日ですが、痛みは1~2週間ほど継続する場合がほとんどです。
痛みが続いている間は、損傷した組織・筋肉・靭帯自体は修復の途中です。
プロ野球のピッチャーも、交代したらすぐに氷嚢で肩をグルグル巻きにしています。
つまり、捻挫や関節を酷使した後の処置は早ければ早いほど効果的ということなのです。

当院では、消炎鎮痛のためのマッサージやテーピング固定、最新機器『ASTEO』による電気治療も行っております。
捻挫の痛みや辛い関節の痛みでお悩みの方は、相模原のかさい整骨院に一度ご相談ください。
関節の捻挫の治療には、明確な負傷理由があれば健康保険が適応されます。

お問い合わせ・ご予約

電話:03-3594-4118


※水曜日午後は特別施術(保険外治療)となり予約制です。
※土曜日の診療時間は9:00~14:00になります。

治療についてTreatment