症状別のお悩み

腰痛(ぎっくり腰)

腰痛(ぎっくり腰)

年代を問わず、腰痛で悩んでいる人が増えています。
一口に腰痛といっても、原因や症状は様々です。

腰を悪くする人はまず身体が硬いのが特徴です。
筋肉に弾力性が無くなるため、神経や血管を圧迫してしまうのです。
年をとった人は筋肉に力がなくなり、骨に負担がかかって痛みを生じるようになってきます。
まずは筋肉を柔軟にすることが一番大切です。

治療は早ければ早いほど、症状の治りも早くなります。
当院では、消炎鎮痛のためのマッサージやテーピング固定、最新機器『ASTEO』による電気治療も行っております。
腰痛でお悩みの方は、相模原のかさい整骨院に一度ご相談ください。

腰痛症

レントゲン等の検査で特に異常が見つからないもので、腰のこわばり、鈍い痛み、重だるさを感じます。
日常生活の姿勢が歪んでいることで、筋肉に負担がかかってしまうことが原因です。
デスクワークの多い人は前かがみが辛く、スポーツで痛めた人は反りかえりが辛くなるようです。
いずれも、筋肉の柔軟性を高めることが大事です。

ぎっくり腰

突然腰部に激痛が走り、身動きが取れなくなる症状をぎっくり腰といいます。
筋肉や靭帯が急に引き伸ばされたり、椎間板が靭帯を圧迫したりしたことで痛みが起こると言われます。
日頃から蓄積された過労が一気に腰にくることで、身体を動けなくして休ませようとしているため起こると言われます。

ぎっくり腰になってしまったら、エビのように丸くなった楽な姿勢をとり、患部を冷やして休むことが大切です。
風呂や湿布で温めることは厳禁です。

すべり症

    • 腰椎分離すべり症
      若い成長期の人に多い。椎間関節が成長中で激しいスポーツなどで腰骨が耐えられなくなる。
    • 腰椎変性すべり症
      中高年に多くみられる過齢で椎間板や靭帯の強度が低下し、腰椎の一部がずれてしまったもの。

いずれも、身体を動かす度にずれた部分の骨が動き、神経が刺激されることにより、腰や足に痛みや痺れが出ます。
中腰や前かがみの姿勢を取らない、重いものを持たない等、腰に負担になることは避けましょう。

腰椎 椎間板ヘルニア

椎間板(骨の間のクッション)が飛び出し、神経を圧迫することで痛みが出ます。

【症状や特徴】

  • 上向きに寝て片脚をあげると、脚がピーンと痛くなる
  • どちらかというと腰よりも脚(足)に痛みや痺れが出やすい
  • 片方の脚に症状が出る
  • 足の指に力が入らない、甲側に曲げられない
  • 爪先立ちができない
  • 前屈が辛い
  • 咳やくしゃみで痛みが増す
  • 夕方に症状が重くなる
  • 比較的に若い人(20代、30代)もなりやすいが、40代、50代に多い
  • 座っていても(腰掛けていても)痛みがでる

レントゲン等でヘルニアと言われても、痛みが出ない人や、知らないうちに飛び出した椎間板が元に戻って痛みが消えることもあります。

まずは、普段から腰に負担をかけない姿勢や動きをすることが大切です。
また、身体の冷え、疲労、睡眠不足に注意しましょう。

脊柱管狭窄症

脊柱管が狭くなり、神経を圧迫して痛みや痺れが出る症状です。
60歳以上に多く見られます。
神経根型、馬尾型、混合型の3つの型に分けられます。

  • 神経根型
    主に腰椎下部(L5)の圧迫で左右どちらかに出る。お尻、太もも外側、ふくらはぎ外側、足の甲などに出やすい。つまづきやすく、皮膚の感覚も鈍い。長く立っていると辛くなる。
  • 馬尾型
    お尻から両脚の広い範囲に出る。痛みより痺れがひどいのが特徴。脚の脱力感や知覚もにぶくなる。灼熱感、ジリジリは感覚異常から出る。
  • 混合型
    尻から脚全体の痺れ感に加え、痛みも伴う。歩行が困難になったり、排尿、排便障害が出る場合は、別の疾患の可能性が考えられますので病院で診てもらいましょう。

【症状】

  • 長く歩けない、少し前かがみで休むとまた歩ける(間欠跛行)
  • 前屈すると楽になり、後ろに反ると辛い
  • 立っているだけでも辛くなる
  • 自転車や手押し車は大丈夫
  • 上を向いて寝ていても辛くなる
  • 足の裏にも痺れが出る

お問い合わせ・ご予約

電話:03-3594-4118


※水曜日午後は特別施術(保険外治療)となり予約制です。
※土曜日の診療時間は9:00~14:00になります。

治療についてTreatment