膝関節の痛み・O脚、腰痛・坐骨神経痛、交通事故によるむち打ち損傷の治療なら相模原市のかさい整骨院へ
トップページ初めての方へ施術料金交通事故・労災治療診療カレンダーお問い合わせ

椎間板ヘルニアなんだろう?

このコラムでは腰椎椎間板ヘルニアについてお話致します。

20〜40代に多いヘルニアですが、ヘルニアって聞くと皆様「腰が痛くなる病気でしょ?」って思われると思います。
そもそもヘルニアという言葉の意味は「飛び出る」です。
つまり何かがその場から飛び出て悪さをするというわけなのですが、さてそれは一体何なのか…。

ここで簡単に骨のお話(^-^)

人間は脊椎動物ですので必ず脊柱=背骨があります。いまこのコラムを観て頂いている貴方にもありますよね??(笑)
その背骨1つ1つを椎骨といい、大きく場所により5か所に分けられています。
上から頸椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)・腰椎(ようつい)・仙椎(せんつい)・尾椎(びつい)
と並んでいます。

人によって数に誤差がある場合がありますがそれぞれ
頸椎=7個、胸椎=12個、腰椎=5個、仙椎=5個、尾椎=3〜5個が連なって並んでいます。

その椎骨の間には板状の軟骨が挟まっており、衝撃を緩和したり背骨が柔軟に動くようにサポートしています。
それを骨のにある椎間板といいます。皆様聞いた事があるのではないでしょうか?

一旦話をまとめると…椎間板ヘルニアとは、
背骨の間にある椎間板が正常の位置から飛び出てしまった状態。という事になります。
飛び出具合が大きいほど重症とされており、神経の圧迫も大きくなると言われています。

ちなみに仙椎と尾椎の間は骨同士が直にくっついてしまっているので、椎間板はありません。

椎間板は主に背中側に飛び出る場合が多く、それが厄介者でして…
後ろに飛び出た椎間板の先には脊髄から細くなった神経の束のようなもの「馬尾」つまり神経の本管があります。
そこに椎間板が接触することにより神経を圧迫し痺れ等の感覚障害や腰痛、筋肉への神経伝達の低下による筋肉運動の障害や腱反射の消失、排尿障害がでてしまうのです。

ちなみに、ヘルニアによる腰痛を訴える方は腰痛を訴える方の中の約5パーセントとかなり少ないです。
つまりは適切な検査を行わずヘルニアだと思い込んでいる方もいらっしゃるようです。

ヘルニアの確定診断にはレントゲンではなくMRIが必須です
レントゲンには骨しか映りません。(内臓や血管の検査、マンモグラフィー等で造影剤を飲んでいる場合は別ですが)

ここで疑問なのですが、@ヘルニアって腰でしか起きないの??
           Aヘルニアってどう治すの??
と思う方もいらっしゃるかもしれません。
その疑問、頑張ってお答えいたします。(/・ω・)/

@ヘルニアって腰でしか起きないの??という疑問ですが、腰以外でも発生します!
椎間板がある部分では発生する確率は大いにあります。腰以外でよく聞くのは頸椎の椎間板ヘルニアです。
ストレートネックや急激な首に対する力が加わると椎間板が飛び出でしまい、頸部〜肩、そして両腕や指先に運動障害や神経障害が発生してしまいます。
ちょっと観点が違うのですが、腸が腹膜や筋肉の間から外に飛び出る脱腸も別名鼠径ヘルニアと呼ばれていますので、ヘルニアの一種です。

Aの治療法についてですが、手術をする場合と手術をしない場合に分けられます。
手術をする場合、昔は背中を切り開いてそこから飛び出た椎間板を取り除くというものが行われていたらしいのですが、現在は小さい切開で内視鏡による手術が主流のようです。
ただ、手術が適用になる椎間板ヘルニアは割と少なく
ほとんどは保存療法、つまり手術をせずにリハビリや運動指導をする場合が多いです。

手術をしない場合、つまり当院での治療方法になるのですが、
飛び出た椎間板にアプローチするというわけではなく(直接触れないので)
椎間板に圧力がかからないように腰椎や腰部の筋肉を狙い施術をしていきます。

腰椎は横から見ると前に飛び出ています。そのアーチが大きすぎたり、猫背や姿勢が悪く椎間板に圧力がかかりやすい方はその位置を整える。
背中から腰・脚の筋肉の過緊張、逆に運動不足による腰の安定性の低下や柔軟性の低下なども原因となる場合があるのでそれを解消するための施術や運動指導なども行います。

上にも記載しましたが、そもそもヘルニアではなく別のものが原因で腰痛を訴える方も方が多いですので、その部分も含めて問診等で検査させていただきます。

ヘルニアに限らず、腰や脚に痺れや痛みがある方は早めの治療をお勧め致します。



かさい整骨院
〒252-0242 神奈川県相模原市中央区横山2-16-4 西野ビル1B
042-750-4137

Copyright (c) かさい整骨院 All Rights Reserved.