膝関節の痛み・O脚、腰痛・坐骨神経痛、交通事故によるむち打ち損傷の治療なら相模原市のかさい整骨院へ
トップページ初めての方へ施術料金交通事故・労災治療診療カレンダーお問い合わせ

野球肩とは?当院での治療法や原因をご紹介いたします。

このコラムでは野球肩についてお話させていただきます。

当院がある神奈川県は、高校野球の強豪校の多い県であり、
県代表・優勝を目指して激しい練習を行っているのでしょう。
また、そんな強豪校への入学を目指す中学生もいるわけですが、
小学生が少年野球チームに入って、毎日遅くまでボールを追っている姿を目にすることも多いものです。

小学生でも野球肩に注意
さて、野球肩とは…
インピンジメント症候群(投球動作で肩のインナーマッスルが骨の間に挟まれ痛みが出るもの)や関節唇損傷(関節の窪みを補強してくれている軟部組織の損傷)など、投球によって生じる肩部の痛みを総称して野球肩と言います。

多くの場合、肩のオーバーユース(使い過ぎ・ボールの投げすぎ)が原因となって発症します。
その他投球時に肘が下がっていたり、運動前のストレッチ不足なども負傷理由として挙げられます。

小学生の場合、一人一人成長の度合いが違うわけで、もちろん身長も違えば筋力も違うため、
必ずしもすべての子どもが同じように野球の投球ができるわけではありません。
ただ、子どもだからこそ負けたくないという思いから、無理な投球を繰り返すこともあり、
気づいたら痛みがでてしまったという事も少なくありません。

更に整骨院に通うことで、練習を休むことになったり、試合のレギュラーから外れたりと、
野球肩治療を嫌がるどころか、痛みさえ我慢してしまい、
我慢しきれなくなって初めて来院してくるケースもあります。

治療の開始するタイミングで患部の回復具合は大きく変わる場合があります。
治療開始が遅れたために、痛みや可動域制限の持続が起きかねません。
学生の間に限らず、社会人になっても野球を続けたいと考えている方や、肩に痛みや違和感のでた場合はすぐに野球肩治療を始める事をお勧め致します。

当院では手技療法だけではなく、相模原市の整骨院で初めて導入した電気治療機「ASTEO」も使用し治療を行います。
高周波を患部にあてアプローチし痛みを取っていきます。
肩部痛のみならず、膝の痛みや腰の痛みにも非常に効果がある優れた治療器です。

是非一度当院の治療を受けて頂きたいと思います。








かさい整骨院
〒252-0242 神奈川県相模原市中央区横山2-16-4 西野ビル1B
042-750-4137

Copyright (c) かさい整骨院 All Rights Reserved.